昨日はアースデイを祝ってGoogleバナーがゲームになっていました。ミツバチが花粉を運んで花畑を作っていく、というものでした。

ゲームのイントロ - 地球の存在を祝い、ある小さな生命体を称えます -

まずイントロが流れ、ミツバチが植物の受粉を媒介し、地球上の動物たちの食糧生産において、大事な役割を担っているという説明が表示されます。

ゲームのイントロ - 世界中の花の85%もハチに依存しています -

その後、縦スクロールのシューディングゲームのように、ミツバチをマウスで引きつけながら、画面下から次々に現れてくる花に触れさせるゲームが始まります。

雄花に触れるとミツバチが花粉をまとった表示になり、その状態で同じ仲間の雌花に触れると、花畑が誕生します。

雄花に触れるとミツバチが花粉をまとった表示になり、その状態で同じ仲間の雌花に触れると、花畑が誕生する

ゲームを進めていくにつれ、ミツバチに関する知識がメッセージとして表示され、農業や環境にとって、いかに虫の存在が大切か、ということを学べる主旨になっていました。

ゲームを進めていくにつれ、ミツバチに関する知識がメッセージとして表示される

それにしても、このゲームを一日切りのために開発するなんて、Googleさんもなかなかニクイ演出ですね。

ミツバチのゲームに登場する色とりどりの花