「星の王子さま」という絵本があります。まずその本の冒頭の紹介から入りますが、僕のプログラミングに対する見解を書いています。

農夫の鋤、大工の鉋に続くもの

ぼくが6つのとき、よんだ本にすばらしい絵があった。『ぜんぶほんとのはなし』という名まえの、しぜんのままの森について書かれた本で、そこに、ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところがえがかれていたんだ。だいたいこういう絵だった。

ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところ
ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところ

「ボアというヘビは、えものをかまずにまるのみします。そのあとはじっとおやすみして、6か月かけて、おなかのなかでとかします。」と本には書かれていた。
そこでぼくは、ジャングルではこんなこともおこるんじゃないか、とわくわくして、いろいろかんがえてみた。それから色えんぴつで、じぶんなりの絵をはじめてかいてやった。さくひんばんごう1。それはこんなかんじ。

さくひんばんごう1

ぼくはこのけっさくをおとなのひとに見せて、こわいでしょ、ときいてまわった。

でもみんな、「どうして、ぼうしがこわいの?」っていうんだ。

この絵は、ぼうしなんかじゃなかった。ボアがゾウをおなかのなかでとかしている絵だった。だから、ぼくはボアのなかみをかいて、おとなのひとにもうまくわかるようにした。あのひとたちは、いつもはっきりしてないとだめなんだ。さくひんばんごう2はこんなかんじ。

さくひんばんごう2

おとなのひとは、ボアの絵なんてなかが見えても見えなくてもどうでもいい、とにかく、ちりやれきし、さんすうやこくごのべんきょうをしなさいと、ぼくにいいつけた。というわけで、ぼくは6さいで絵かきになるゆめをあきらめた。さくひんばんごう1と2がだめだったから、めげてしまったんだ。おとなのひとはじぶんではまったくなんにもわからないから、子どもはくたびれてしまう。いつもいつもはっきりさせなきゃいけなくて。

それでぼくはしぶしぶべつのしごとにきめて、ひこうきのそうじゅうをおぼえた。せかいじゅうをちょっととびまわった。ちりをべんきょうして、ほんとやくに立った。ひとめで中国なのかアリゾナなのかがわかるから、夜なかにとんでまよっても、かなりたすかるってもんだ。

こうしてぼくは生きてきて、ちゃんとしたひとたちともおおぜいであってきた。おとなのひとのなかでくらしてきた。ちかくでも見られた。でもそれでなにかいいことがわかったわけでもなかった。

すこしかしこそうなひとを見つけると、ぼくはいつも、とっておきのさくひんばんごう1を見せてみることにしていた。ほんとうのことがわかるひとなのか知りたかったから。でもかえってくるのは、きまって「ぼうしだね。」って。そういうひとには、ボアのことも、しぜんの森のことも、星のこともしゃべらない。むこうに合わせて、トランプやゴルフ、せいじやネクタイのことをしゃべる。するとおとなのひとは、ものごとがはっきりわかっているひととおちかづきになれて、とてもうれしそうだった。

「あのときの王子くん」 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 大久保ゆう訳

いかがですか。読んでみたいと思いませんか。この本は子ども向けに見えますが、本当は子どもの頃の心を取り戻すための、大人のための絵本です。

著者サンテグジュペリは、一世紀昔の飛行機乗りでした。郵便機を操縦するのが仕事でしたが、飛行機は速度では船に勝るのに、夜間は飛行できないことが、ビジネスとして当時の課題でした。そんな中、危険な夜間飛行事業が始まり、有能なパイロットだったサンテグジュペリは、その第一線で活躍し、生死の境を何度も彷徨うのです。

大地はわれわれ人間について、万物の書物より多くのことを教えてくれる。大地はわれわれに抵抗するからである。障害と力くらべをするとき、人間はおのれを発見する。しかし、障害にぶつかるためには、人間には道具が必要だ。鉋(かんな)や鋤(すき)が必要だ。

「人間の大地」 サン=テグジュペリ

このようにサンテグジュペリは、自身の操縦する飛行機を「農夫の鋤、大工の鉋」と語っていて、「大地と対話し、大地から学び取る道具」だと語っています。

僕は確信しました。農夫の鋤、大工の鉋、それに続くのはプログラミングだと。

プログラミングを学ぶこと

おえかきの延長

文科省がプログラミング教育を小学校段階から取り入れる方針が決まってから、子どものプログラミングが話題として挙がる機会が増えています。けれども、プログラミングという概念は、なかなか理解の難しいところで、何ができるのか、何を目指しているのか、良く分からないという方は多いと思います。

僕自身その辺りの分かり易い回答は模索している最中ですが、これまでは、「おえかきの延長です」と、答えてきました。子どもにとって、「学び」と「遊び」は等しくあるべきことなので、それを大人の都合で「役に立つ」とか、「便利」とか、そういう見え易いところだけ掻い摘んで価値を付けるのは、勿体無いことなのかなと思っています。

Scratchを通して、ブロックを組み合わせてキャラクターを動かすと、大人にとって「そのように作られているのだから当たり前だ」と思うことでも、多くの子ども達は、自分で動かしたことに感激してくれます。

難しいことが、楽しい

便利なアプリケーションが普及するにつれ、業務でコンピュータを使うことは、味気ないつまらない作業となり、人々の労働と時間の価値は、薄っぺらく引き延ばされています。同じことが子ども達にも当てはまり、行き過ぎた便利さは、「学び」や「遊び」の本質を取り去ってしまいます。

僕自身、日々の子育ての中で、子どもの可能性の芽を摘んでしまう行為を数多く犯してしまっている身ですが、向き合っているものが何であれ(例えばそれがゲームでも)、大人が子どもの目線で困難や喜びを共有できるかどうかを、いつも問われているのだと思います。

未来に向けて

サンテグジュペリの別の著書「人間の大地(人間の土地)」の中で、「飛行機」という章に、技術の進歩について見解が書かれています。この章は「飛行機」を「プログラミング」に置き換えてもそのまま読むことができそうです。前後も含めて難解な一節ですが、そこの一文をご紹介します。

道具の彼方に、道具を通じてわたしたちがふたたび出会うのは、古い自然、庭師、航海者、あるいは詩人の自然である。

「人間の大地」 サン=テグジュペリ

人類がやがて科学の力で何でも思うがままにできるようになる、という未来を思い描くのは誇大妄想かと思います。この時代にこそ、文明の「断捨離」を始めるときが来ているのかな、とさえ感じます。けれどそれは、科学の否定、人類の否定ではなく、謙虚な姿勢を伴うことだと僕は思っています。

子ども達には、何か一つの道具を与えて、ひたむきに遊んでほしいと願います。その経験の先にこそ、自分では作り出せない自然の美しさや優しさ(サンテグジュペリの言う、古い自然、庭師、航海者、あるいは詩人の自然)に気付けるのかな、と思います。

ここまでお読みくださり、誠にありがとうございました。